軽量防舷材フロート EPP 発泡ポリプロピレンを素材とした防舷材が登場。接岸時の作業負担を軽減しながら、堅牢に愛艇を守ります。

ゴム製より軽く、発泡スチロール(EPS)製より強い。発泡ポリプロピレン製防舷材。

発泡ポリプロピレン(EPP)製防舷材「軽量防舷材フロートEPP」は、軽さと強さを併せ持つことから、中型船に最適な防舷材です。発泡ポリプロピレンの大きな特長である柔軟性は船舶の接岸時のショックをしなやかに吸収し、また、素材自体の軽量さは、接岸作業時の船舶クルーの高作業率を実現します。

このような場合にご使用ください

発泡ポリプロピレンの特長

発砲製品と強度比較

スペック表


このような方におすすめ
  • ・クルーザー級の中型船をご使用の方
  • ・着岸時に大きな衝撃を感じる方
  • ・防舷材の移動に苦労を感じる方

発泡スチロール製の約1/2の曲げ応力

発泡スチロールは曲げ応力の発生しにくいすぐれた素材ですが、発泡ポリプロピレンの曲げ応力は、この発泡スチロールのさらに約2分の1という「粘り強く、割れ・欠けにくい」素材です。

ゴム製防舷材の1/18、約1.4kg

衝撃緩衝材として一般的に用いられるゴム素材のネックは重量です。発泡ポリプロピレンは、船舶での使用に耐えうる耐衝撃性を持ちながら、ゴム素材の18分の1という驚くほどの軽さです。

片手でも
軽く持ち上げられます

製品サイズ

仕 様

サイズ 直径300mm×長さ400mm
自重 約1.4kg/個
カラー 本体:グレーまたはホワイト
カバー:ホワイト
※本体のカラーはメーカーの都合により予告なく変更する場合はございます。製品の品質に差はございません。
発泡倍率 20倍
曲げ試験 0.55MPa
圧縮永久歪(復元性) 10%
引張試験 応力:0.56MPa
伸び:21%

価 格

¥ 7,000(税別)/個
お見積りはこちらから

軽量防舷材フロートEPP
EPP-300

(ターポリン製カバー付き)

オプション製品

オプションのフロートネットをご指定いただくと、製品にかぶせた状態で納品いたします。
単品(ネットのみ)のお見積は、「お問い合わせフォーム」から別途ご連絡ください。

フロートネット

防舷材を船体の側面に設置するのに適した、ナイロンロープ製のネットです。岸壁接触面との高さの調整や、防舷材の移動が容易になります。

軽量防舷材フロートEPPは、
オーダーメイドに対応しています。

船のサイズに合わせたオーダーサイズはこちら >>

お見積りはこちらから

PAGE TOP